整形外科イメージ

メイクでうまくカバーしたい気になる目の下のたるみ

綺麗に仕上げられるコツです。


つまりたるみの部分にだけ塗ると、そこだけ明るく見えるので逆効果です。自然に見せることを考えるなら、額や鼻先にも塗って顔のバランスを整えるのが一番だと分かりました。もちろん使用する際は上手にぼかしながら使うのがコツです。私は最初赤みのあるハイライトを使っていたのですが、途中から白色に変えました。肌の色によって多少変わりますが、日本人でも色白の肌をしている人なら白やシルバー系のハイライトのほうがおすすめです。また目の下ばかりに意識が向きがちでしたが、まつげをビューラーであげたりマスカラを塗るだけでも、目の下のたるんでいる印象がカバーできることに気づきました。これはおそらく目元の印象が強くなったおかげでそれ以外の場所が目立たなくなったからだと思いますが、似たような理由で頬にチークを塗っても効果がありました。最後にいろいろなメイクを試して実感したのが、厚塗りの危険性です。気になる部分を上手に隠す方法はたくさんあって、どれも使いこなしてみたくなります。ただ隠したいという意識が強いと、どうしてもファンデーションやコンシーラーを必要以上に多く塗ってしまいがちです。しかもこの厚塗りはかえって隠したい部分を際立たせてしまいます。最近の化粧品は品質や性能がいいものばかりなので、意識して隠したい部分の化粧は薄くなるように心がけたほうが綺麗に仕上げられるはずです。


目の下 たるみ
メンズスキンケア大学